ルールに従う必要がある

ルールに従う必要がある 数ヶ月かけて自宅から自動車教習場に通って免許を取るのではなく、宿泊施設がある教習場で合宿をしながら短期間に集中して技能取得、勉強をし、免許をとるのが合宿免許です。高校生が大学生になる前の春休みなどに、ある期間集中して免許を取ろうと考える人が多いので人気があります。広い敷地がある地方の自動車教習場で実施されることが多いのですが、集団でしばらくの間生活をするために、宿泊施設では一定のルールがあるのが基本です。
例えばよくあるのは門限でしょう。何時までに施設へ戻ること、という決まりがありますから、それまでには戻っていなければなりません。
喫煙や飲酒、騒音、器物破損に関してもある程度のルールが決められているのです。合宿免許は2週間ほどで免許を取得することが出来ますから、少々厳しい決まりがあったとしてもしっかりと守って取得に集中するようにしましょう。勿論決まりを破ると途中であっても強制退校処置を受けることもありますし、その場合、支払った合宿代金は戻ってきません。

人気のある合宿免許、取得のときの意外な注意点とは?

人気のある合宿免許、取得のときの意外な注意点とは? 車やバイクの運転免許を合宿免許で取得する人が増えています。合宿免許は宿泊施設に滞在しながら運転免許取得のための技能・知識を決められた期間内でスケジュール化、短期集中で免許が取得できますから人気が高まっています。

合宿免許のメリットとしては、短期間での免許取得ができることのほかに、教習所では必要になる教習予約や通学の必要がないという点です。自宅から通う教習所では、教習を受ける日時を予約しなければなりませんが、宿泊所が近くにある合宿システムにはこれが必要ありません。また同じ宿泊所で顔を合わせているうち、親しくなる人も出てきて教習を受けることが楽しくなってきます。

場合によってはデメリットとなる注意点としては、人気シーズンは費用が割高になる傾向があることです。まとまった休暇があって参加しやすい時期は費用が高く設定されることがあり、逆に考えればこの時期を避ければ割安になるということになります。

そしてこれも注意点ですが、本免許の学科試験は住民票がある都道府県で受験しなければなりません。学生さんなどは意外と住民票を移動していないことが多く、その際は住民票を移動手続きするか、卒業が近いなどの事情があれば、実家のある都道府県で学科試験を受験することになります。