起床時間が早い

起床時間が早い 通常、普通自動車免許を取得するためには教習所に通わないといけません。
時間があれば、毎日カリキュラムをこなしていけば1ヶ月で卒業をすることが出来ますが学生や社会人だと限られた日時でしか通えないのが実情です。
その為、卒業までに約半年以上掛かってしまうため面倒に感じる方も少なくありません。
そんな中、夏休み等を利用して最短10日間で卒業が可能な合宿免許場が若い方を中心に人気を集めています。
合宿免許場は文字通り、教習所で泊り込みを行なって運転技術と学科を勉強しますがここで注意をしなければいけないのが合宿期間中は常に集団行動をするということです。
決まった時間に起床をして時間内に朝食を取ってから教習が始まる為、普段の生活で朝寝坊をしていたり周りに生活のリズムを合わせるのが辛いという方は合宿免許には不向きと言えます。
起床時間は多くが6時に設定されているので、合宿免許に参加をする場合は予め早起きの習慣をつけておきましょう。

合宿免許の消灯時間を守って規則正しい生活を

合宿免許の消灯時間を守って規則正しい生活を 合宿免許に行くと学科教本や時間割が配布されるので、事前にスケジュールを把握して規則正しい生活をするのがおすすめです。
毎日夜の決まった時間に消灯時間の連絡があるので、電気を消して周りに迷惑を掛けない様にする必要があります。
最近の合宿免許は個室が多いので電気を消さなくても迷惑にならない事も多いですが、決まりを破って夜更かししていると次の日に疲れが残ってしまい効率良く免許を取得する妨げになります。
寝不足状態では教官の話が耳に入らず車を運転中も事故の危険性が高まるので、ゆっくりと休んで次の日に備えるのが良い方法です。
合宿免許は自宅とは違う環境なのですぐに寝付けない事があり、寝不足や疲労が溜まりやすい人も多いですが、眠れなくても決まった時間に電気を消して体を休める事が重要です。
消灯時間は合宿免許先によって違ってきますが、時間を守らないのは自分の体に負担が掛かるだけでなく寮母さん等のスタッフにも迷惑が掛かるので注意が必要です。